Web開発

【無料】汎用DB接続ツール「DBeaver」をご紹介します

更新日:

こんにちは、ケースケ(@keisuke555_eng)です。

フリーランスのWeb系エンジニアとして活動する31歳です。

今回は、データベース接続用GUIツール「DBeaver」をご紹介します!

MySQLだと公式のWorkbenchがあるけど、汎用GUIツールって他にどんなのがあるかな?

と思い立って調べてみたところ、このツールを発見しました。

けっこう幅広くさまざまなDB製品に対応していて、開発するのに困らない程度の機能は無償で使えそうです。

それではさっそく紹介していきます。

DBeaverってどんなん?

DBeaver公式を見てみると、英語ではありますが、

DBeaverは無償の、オープンソースDBツールですよ

的なことが書いてありました。

どうやらEnterpriseEdition(有料版)もあるみたいですね。

ですが、とりあえず無償版で十分使えそうなので、今回は無償版をダウンロードして使ってみたいと思います。

接続できるデータベースは?

公式ページに、対応しているデータベースの一覧がズラッと並べてありました。

こんな感じ↓

  • MySQL
  • MariaDB
  • PostgreSQL
  • SQL Server
  • Oracle
  • AWS Athena
  • Amazon DynamoDB
  • Google Bigtable
  • SQL Azure
  • Snowflake
  • 他にもたくさん!

ザックリ言うと、「だいたいイケそう」って感じですね!

DBeaverのインストール

まずはDBeaver公式の「Download」ページからパッケージをダウンロードします。

僕の場合はMacOSなので、「Mac OS X(dmg)」を選択しました。

ダウンロードしたdmgファイルをダブルクリックで実行して、ApplicationsフォルダへDBeaverをドラッグ&ドロップします。

画面の指示に従ってドラッグ&ドロップ

これでインストールは完了です!

あとはアイコンをクリックしてツールを起動すれば利用可能となります。

こんな感じの画面!

試しにDBに接続してみる

それでは、実際にDBに接続してみましょう。

今回は例として、Dockerで作成したpostgreSQLに接続してみたいと思います。

画面左上にある接続の新規作成(プラグアイコン)をクリックすると、こんな感じの画面が出てきます。

今回の対象であるpostgreSQLをクリックして、「次へ」をクリックします。

続いて、必要なドライバ(今は深く考えなくて結構です)が表示されるので、「ダウンロード」をクリックします。

次にこの画面で、必要な接続情報を入力します。

※接続先データベースの「Host」「Port」「Database」「ユーザー名」「パスワード」を正しく入力し、「パスワードをローカルに保存」にチェックを入れて「テスト接続」をクリックします。

うまく接続できれば、こんなメッセージが表示されるはずです。

エラーが出た場合は、エラーの内容をコピペしてググったりしながら解消してみましょう

データベースの中身を確認ことができます!

画面左側に作成した接続設定が表示され、「>」をクリックして内部の階層が表示されれば

無事、接続成功です!

サクッと接続が完了できました。けっこう使いやすそう!

まとめ

有償版でのみ利用できる機能としては、

  • 視覚的にクエリ(SQLコード)を生成できる
  • 実行したクエリのヒストリー表示できる
  • and more…

いろいろあるみたいですが、まあ無ければ使わないかなって感じです。

とりあえず個人的にしばらく使ってみて、またレビューするか、もっと便利なツールがあればご紹介させて頂きますね。

今回の記事が少しでもお役に立てば幸いです。

それでは、また。

-Web開発
-, , ,

Copyright© みちのくBASE , 2021 All Rights Reserved